2009年05月10日

テニス ガット

テニスラケットの網ことを、「ガット」といいます。
しかし、テニス ガットの種類は様々。
プレイスタイルに合ったテニス ガットを選ぶとよいでしょう。


◆◇:テニスガットの材質:◇◆

テニス ガットの材質には、大きく分けてナチュラルガット、ナイロン(シンセティック)ガット、ポリエステルガットの3種類があります。

●ナチュラルガットは、高価ですが 天然繊維ならではの反発性、ホールド性、衝撃吸収性、テンション維持性などに優れた最高級タイプのテニス ガットです。

●ナイロン(シンセティック)ガットは、種類も多く価格も手ごろで 使用率NO.1のテニス ガットです。

●ポリエステルガットは、耐久生に優れ 頻繁にガットを切るハードヒッターやスピンプレーヤーにお勧めのテニス ガットです。




◆◇:テニスガットの構造 :◇◆
テニスガットの構造には、大きく分けて モノフィラメントとマルチフィラメントの2種類があります。

●モノフィラメントとは、単一芯材に 数本の側糸を巻きつけ 反発性が良く耐久性にも優れたテニス ガットのことです。

●マルチフィラメントは、沢山の糸を一つに束ね、ソフトな打球感でホールド性に優れたテニス ガットのことです。




◆◇:テニス ガットの太さ:◇◆

テニス ガットの太さには、1.15mmから 1.40mmぐらいまで さまざまな種類があります。
細いガットは、耐久性に劣りますが 反発性やスピン性に優れています。
逆に 太いガットは、耐久性に優れていますが 反発性が悪くなるという特性があります。



----------------
テニス ガットは、カラーも豊富。
たまに張り替えて、気分を変えてみるのもよいでしょう。
----------------

テニスのレベルアップの秘訣、それはガット選びかもしれませんよ(^_^)



【関連する記事】
posted by Tennis980 at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

軟式 テニス

―・・―・・―・・―
テニスを始めてみようかな。と思ったら。。。
―・・―・・―・・―

まず、テニスには、硬式・軟式があるのをみなさんご存知でしょう。

初心者の方には、まず、軟式 テニスをおすすめしたいと思います。
軟式 テニス/ ソフトテニスの魅力、それはシンプルさにあるとおもいます。

軟式 テニスの技術は至ってシンプル。軟式 テニスのゲームはスピードとパワー、といった感じでしょうか。

軟式 テニスは、フルスイングしてボールを打つ・・というのが醍醐味のひとつ。
振り切るのが爽快感となります。

しかし、力が弱いから・・・という方もご安心ください。
勿論楽しくプレーすることはできますよ。
ですから、軟式 テニスは、部活動から中年の方のスポーツまで、皆に親しまれているのです。



―・・―・・―・・―
では、軟式 テニスと硬式テニス どのように違うのか?
―・・―・・―・・―

硬式テニスはとてもテクニカル。スピードとパワーに加え、技術的な側面が強く、ストロークはソフトテニスのように「フルスイングで強いボール」と言うよりも、常にボールの回転を意識して「いかにして飛ばないボールを打つか」といった性質を持っているのです。

フルスイングして強いボールを追求してきたソフトテニスプレーヤー/(硬式テニス)は、皆、
硬式テニスは「何か、物足りない」感を感じます。
先ほど書きましたが、フルスイング=振り切るのが爽快感(^_^)
ですから、なにか、「え?ここまで?」という感覚に陥るのですね。

◆:◇:◆:◇:◆
軟式 テニスが、独自のスポーツとして昇華させ、筋金入りのファンを着実に増やしてきた要因は、ずばりここなのだと思います。

わたし自身、見た目はなんだか華ばなしさに欠けるかもしれませんが、軟式 テニスをずっと続けている理由も、もしかしたらそこなのかもしれませんね。☆フルスイング=振り切る爽快感☆
◆:◇:◆:◇:◆




◆◇:「軟式 テニス」と「硬式 テニス」違いを、ざっとまとめてみました:◇◆

ボールが違う
・硬式用はボールが硬い
硬いゴムで作られていて、毛や変化が付きやすいラインが入っています。良く弾み重たい。

・軟式用は柔らかい
柔らかいゴムボールで出来ています。弾みにくく軽い。


ラケットの違い
・強度と反発の力が違います。
・重さが違います。


ネットの糸(ガットと言いますが)
・強度と反発の力が違います。
・太さと長さが違います。


硬式の場合、ボールが良く跳ねると言う事は、硬い物で返さないと、飛びすぎてしまいます。
ガットも同じ事が言えます。強い力で張り上げる必要があります。また、硬いボールに対して、持ちこたえられる強度が必要なわけですね(^_^)


いかがでしょうか。
テニスを始めてみようかな。と思った方、是非、いろいろ調べてみてください。
きっと、軟式 テニスから始めてみたくなるとおもいますよ!



posted by Tennis980 at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。